疲れが取れない原因は意外なところにある|栄養を摂って健康になろう

目の疲れが取れない場合

目の疲れ

目の疲れの原因を知ろう

眼精疲労とは目の疲れが慢性化してしまうことをいいます。疲れ目の場合には、一晩ゆっくり寝ることでたいてい回復してしまうものですが、眼精疲労の場合には、それが長期間続いてしまうため、目の痛みや頭痛などの症状が残ってしまいます。ある程度回復しても、すぐに目の疲れを感じてしまう場合もあります。眼精疲労の原因には、パソコンやテレビ、また長時間の読書など日常生活で目を酷使している場合に起こります。また、パソコンなどを使用している場合には、猫背になっていたり、姿勢が崩れていたりすると疲れ目の原因になります。また、目からモニターまでの距離が十分に離れているかどうかもポイントです。原因を把握して、自分の生活習慣を見直して改善することで眼精疲労を予防することにつながるでしょう。

目の疲れを癒すには

自宅でも目の疲れを癒す方法はいくつかあります。タオルなどを濡らして、軽くレンジで温めることで蒸しタオルになります。これをある程度温度を調節してから目の上に乗せてみるといいでしょう。目の周りの血行がよくなるので、目の疲れもとれやすくなります。また、目の充血が酷い場合には、タオルを濡らして、ビニール袋に入れて冷蔵庫などで少し冷してから目の上に乗せてみましょう。充血を軽減してくれます。また、目の周りにあるツボを押してマッサージするのも、目の疲れをとるためには有効といわれています。ツボを押して目の周りをマッサージすることで血行をよくしましょう。また、こめかみの部分も重点的にマッサージすることでその周辺の筋肉のこりもある程度とれるでしょう。